年齢とともに関節痛が出て来る

 

足首などの関節は骨と骨をつなぎながら、動きをスムーズにするためにはとても大切なものです。
でも、年齢を重ねるごとに、誰もが多かれ少なかれ足首などの動きが鈍くなり痛みが出てきたりします。

 

足首などの動きをスムーズにし、痛みを感じないためにはその関節の中の水分、関節液が重要となります。
その水分が減少していくと、足首などの関節がうまく動かなくなって痛みが出てきたりします。

 

一般的によく知られているものにはヒアルロン酸コラーゲンがあります。
そのヒアルロン酸やコラーゲンの生成の助けをするものにプロテオグリカンがあります。

 

プロテオグリカンを積極的に摂ることは足首などの動きをスムーズにするためにはとても大切になっていきます。

軟骨の役割は?

関節にある軟骨にはいろいろや役割がありますが、衝撃を和らげて骨同士の摩擦を少なくするためのものとなります。
そして、その軟骨はコラーゲン、水分、プロテオグリカンなどでできていて、関節にはとても大切だということはわかります。
食事から摂取するのは難しいですが、プロテオグリカンはサプリで簡単に摂取することが出来るので、自分に合ったものを探すようにしましょう。

 

関節液はヒアルロン酸などを含んだ関節を動かすための潤滑油となります。
それが動きをスムーズにして年齢とともにすり減ってくる軟骨の減少を少なくするのです。

プロテオグリカンを増やすには?

 

足首などのスムーズな動きや、痛みにはプロテオグリカンが効果があると今日多くの所で言われていますがまだまだ軟骨の成分と言われているグルコサミンやコンドロイチンのように知られていません。

 

しかし、多くの人に知られているグルコサミンもコンドロイチンも本当はプロテオグリカンのほんの一部なのです。
その存在は以前から専門家の間では知られていたのですがその成分の抽出が難しく、高価となるために健康食品として使われることはありませんでした。

プロテオグリカンは何から摂れるの?

プロテオグリカンは牛や豚、また鮭の鼻の部分の軟骨に含まれています。
人の体内でも足首などの関節部分や皮膚などにも存在はするのですが、年齢とともに減っていってしまうのです。

 

現在、技術が進歩して鮭の鼻の軟骨の所からその成分を抽出することができるようになりました。
それで現在はサプリメントとして摂ることができるようになりました。

 

本来栄養素は食事として摂る事が望ましいのですが、プロテオグリカンを食事から摂ることは難しいのです。
また、熱処理をするような調理方法だとその成分に影響があるとも言われていて食事から摂りにくいのです。

 

日々の暮らしを生き生きとするためにも是非摂りたいものです。