プロテオグリカンが関節痛に効く医学的根拠

 

 

プロテオグリカンは関節痛に効果があるということで噂になっていますが、これには確かな医学的根拠があり決して根も葉もないわけではありません。
プロテオグリカンはコアとなるたんぱく質にグリコサミノグリカンとよばれる糖が結合している成分でもともと軟骨の中に存在する成分です。

 

グリコサミノグリカンは水分と結合することで水分を保つことが可能な糖のため、この成分を摂取することは軟骨を保湿することにつながります。

 

さらにプロテオグリカンは、軟骨前駆細胞を生成することができますので、新しい軟骨を作り出すことができますので、長年の関節の酷使によって傷ついた軟骨を修復することが可能となっています。

 

また成分の持つ保水力によって軟骨を常に新しいまま保っておくことが可能なため、関節痛の予防にも効果があるといわれています。

 

このように医学の研究によって関節痛に効果がある成分が発見され、現在ではサプリメントとして販売されていますので、関節の痛みにお困りの方が簡単に摂取することができます。