関節痛の原因である軟骨を再生できるプロテオグリカン

 

 

何年に生きているとだんだん関節に痛みが生じてくるのは、毎日歩く人間ならだれでも発生する症状です。
そしてほとんどの方が感じる関節の痛みの原因は、関節痛の代表である変形性関節症で、軟骨のすり減りが原因で起こります。

 

軟骨がすり減ってくると骨と骨がぶつかり合ってしまうため、歩くたびに鋭い痛みが生じてしまい歩くことができなくなります。

 

そういった悩みを解決するものとして現在プロテオグリカンが注目されています。
これはすり減った軟骨を再生し関節痛を改善させる効果があるといわれています。

 

それはいったいどのような機能なのでしょうか。

 

プロテオグリカンはもともと軟骨の中にある成分で、骨と骨とのクッションの機能を果たしたり、軟骨を作り出す軟骨前駆細胞を増殖させる機能を持っていますが、関節痛になると軟骨内のこの成分の量も減少してしまいます。

 

そこで食事やサプリメントなどでこの成分を摂取することによって、軟骨を再生させることで関節痛を和らげることができるのです。